海陽PRIDE

PROJECT-1

新規就農者育成事業

”よそ者”がイノベートする、海陽の未来農業

海陽町直営「元気農場」を拠点に農業技術の伝承、開発に取り組み、海陽町農業技術の形式知化に従事する。

海陽町営農園「元気農場」を拠点に、有機農業を海陽町に浸透させる事業に挑戦していただきます。
BLOF理論で有名な、ジャパンバイオファームの小祝政明氏と連携し、有機栽培技術や土壌分析を学び、海陽町での有機農業実施の形式知化する一端を担います。
また海陽町での就農希望移住者の受け入れ体制を構築し、公募・伝承そして他の地域おこし協力隊と連携した農業の六次化に挑戦していただきます。
有機農法を形式知化し、海陽町の農業にイノベーションを起こす朋輩を募集します。

募集要項

募集職種
新規就農者育成事業
  • 農業者育成に向けた事業の企画を立案し実施する。
  • 生産者と情報交換を行い、農業技術の情報収集、技術の伝承を行う。
  • 町営農場を活用し、習得した技術を用いた栽培を実施する。
  • 加工・販売を通じたビジネスの企画・検討を行う。
  • 地域行事、コミュニティ活動その他の地域おこし協力隊の支援
  • 移住交流事業に関する支援
  • 任務終了時に活動を通じて得た地域の課題や状況に対し、分析や解決策の提言を行う。
  • その他町長が必要と認める活動
募集対象
  • 年齢  満20歳以上~40歳未満
  • 性別  問いません
  • 3大都市圏をはじめとする都市地域等(条件不利地域は除く)から海陽町内の活動
  • 地区へ生活の拠点を移し、住民票を海陽町へ異動できる方
  • 「普通自動車運転免許」を取得している方
  • 移住交流に興味があり、地域の活性化に向け努力できる方
  • 地域の活性化に意欲があり、活動地域との連携が取れる方
  • 1年以上の滞在を予定している方

※ 上記の「3大都市圏をはじめとする都市地域等」とは、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、岐阜県、愛知県、三重県、京都府、大阪府、兵庫県及び奈良県の区域全域、政令指定都市及び過疎地域自立促進特別措置法、山村振興法、離島振興法、半島振興法及び小笠原諸島振興開発特別措置法に指定された地域外の地域をいう。

募集人数
1名
求める人物像
  • 有機農業に精通している/挑戦したい方
  • 一次産業の六次化に精通している/挑戦したい方
  • 新規就農者移住促進および育成を企画できる/挑戦したい方
勤務地
徳島県海部郡海陽町
勤務時間
1日平均8時間程度、週40時間勤務
休日:週休2日制
休暇:年12日程度
雇用形態・期間
町の臨時職員として採用
採用日~平成30年3月31日(1年ごとに更新し、最長平成32年3月30日まで延長可)
給与・賃金等
基本額 月額:約150,000円(初月は日割り計算)
賞与 初年度は年1回:約1.5ヶ月分(次年度からは年2回:約2.5ヶ月分)
待遇・福利厚生
保険等:健康保険等
居住等:原則町が用意する住宅に居住してもらいます。その際、協力隊員としての活動期間中は無償で貸与する予定です。(水道光熱水費等は個人負担です。また、上記以外の住宅に居住される場合の費用は個人負担となります。)
事務用費等:活動に必要な自動車とパソコン、事務用備品等は貸与します。
申込受付期間
2017年04月01日~2018年03月31日
審査方法
  • 第1次選考(随時募集し、月末に実施予定)
    書類選考のうえ、結果を応募者全員に文書で通知します。
  • 第2次選考(随時実施予定)
    面接試験とパソコン試験を行い隊員を決定します。(日程は一次審査合格者に直接連絡します。)
    面接のために必要とする交通費等については個人負担とします。
  • 最終選考結果の通知(随時実施予定)
    第2次選考終了後、文書等で個別に通知します。

※ 海陽町への住民票移動は必ず、最終選考結果合格通知後~委嘱日(合格者に連絡します。)までに済ませてください。

参考URL
http://www.town.kaiyo.lg.jp/
この事業に
プレエントリーする
海陽PRIDE
海陽町役場
産業観光課 〒775-0595 徳島県海部郡海陽町宍喰浦字宍喰362番地
TEL 0884-76-1511 FAX 0884-76-2874
株式会社アースカラー
徳島サテライト 〒775-0203 徳島県海部郡海陽町大里字北山下4番地1